秘密保持義務がある人以外の人間に不正取得される

例えば窃盗犯の中には鍵解錠のプロである「鍵師」が存在すると言われていますし、ダイヤル番号を同じままにしておくと、秘密保持義務がある人以外の人間に不正取得される可能性もあります。