暗証番号の変更であったりをする必要がある

金庫は特定の人間以外に中身を触ったり知られたりしたくないから使うものですので、これらリスク回避のための対策は大変重要と言えます。そのためにも、一定期間での鍵の付け替えであったり、暗証番号の変更であったりをする必要があるのです。対策は鍵の専門業者への依頼で、大変スピーディーに解決できます。業務用金庫にも十分対応できますので、お気軽にご相談してください。

購入当初のままにしておくのはセキュリティー面においても不安

会社を運営していく中で大変重要な役割を果たす物の一つに「金庫」があります。現金や有価証券、通帳や重要書類など、金庫で管理する物は幅広いです。金庫はオーソドックスなタイプですと、「鍵」を使用するタイプ、ダイヤルを回して開けるタイプ、この二つが組み合わさった物などが主流ですが、購入当初のままにしておくのはセキュリティー面においても不安が残ります。

鍵の用心を怠りなく!

鍵
近年、高齢化社会に伴い、認知症などの症状でご家族の徘徊行為にお悩みのご家族の方も少なくはないでしょう。徘徊防止の対策として有効なのは室内からドアが開けられない状態で外に出て行ってしまうのを防止することです。しかしご家族に1日中見守るというのは大変なことでご家族の方が介護疲れで倒れてしまう危険性もあります。そんな時に徘徊防止用の鍵の取付作業をすることで、少しでもゆとりを持たれることをおすすめします。マルティロックの鍵なども含め、防止するためにおすすめの専用の鍵として「着脱式サムターン」というものがあります。「サムターン」はそもそもドアの開け閉めを切り替えできる「つまみ」で、着脱式にすることで自由にサムターンを持ち歩けるので容易に管理ができ、認知症などのご家族が徘徊する以前の外出も防止することができます。着脱式サムターンには様々な製品が存在しますが、出張お見積りの現場ではお客様のお宅事情、ご要望に応じて柔軟に提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。